FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネラルウォーター

(るいネットより)

ミネラルウォーターと水道水どっちが安全?

『ミネラルウォーターと水道水どっちが安全?』リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 ~前略~

両者の基準の違い

水道水、ミネラルウォーターともに監督省庁は厚生労働省ですが、水道水は水道法に、ミネラルウォーターは食品衛生法に基づいて作られています。

それぞれの水質基準は水道水が51項目、ミネラルウォーターは18項目の基準数となっています。

水道水の水質基準
一般細菌・大腸菌・カドミウム・水銀・セレン・鉛・ヒ素・六価クロム・亜硝酸態窒素・シアン化物イオン及び塩化シアン・硝酸態窒素・フッ素・ホウ素・四塩化炭素・1.4-ジオキサン・シス-1.2-ジクロロエチレン及びトランス-1.2-ジクロロエチレン・ジクロロメタン・テトラクロロエチレン・トリクロロエチレン・ベンゼン・塩素酸・クロロ酢酸・クロロホルム・ジクロロ酢酸・ジブモクロロメタン・臭素酸・総トリハロメタン・トリクロロ酢酸・ブロモジクロロメタン・ブロモホルム・ホルムアルデヒド・亜鉛・アルミニウム・鉄・銅・ナトリウム・マンガン・塩化物イオン・カルシウム及びマグネシウム等・蒸発残留物・陰イオン界面活性剤・ジェオスミン・2-メチルイソボルネオール・非イオン界面活性剤・フェノール類・有機物・ph値・味・臭気・色度・濁度

ミネラルウォーターの水質基準
一般最近・大腸菌・カドミウム・水銀・セレン・鉛・バリウム・ヒ素・六価クロム・シアン・硝酸態窒素・フッ素・ホウ素・亜鉛・銅・マンガン・有機物・硫化物

基準が51項目の水道水に対してミネラルウォーターは18項目。

基準の厳しさに関しては圧倒的に水道水のほう厳しいのです。

さらに共通している項目の数値も、

共通8項目(mg/L)
     水道水 ミネラルウォーター
カドミウム 0.01 0.01
セレン   0.01 0.01
鉛     0.01 0.05
ヒ素    0.01 0.05
フッ素   0.8 2.0
ホウ素   1.0 30.0
亜鉛    1.0 5.0
マンガン  0.05 2.0

ミネラルウォーターと同じもしくは低い数字しかありません。
これは流通の量を考えれば当然のことで、日本全国で使用される水に万が一のことがあっては国の存亡にかかわるのですから、基準はより厳しいものになります。
安全性では水道水のほうが確実に安全です。



ミネラルウォーターの方が水道水より危険なんて意外ですね。

でも、水道水でも自治体により異なります。
知人の住んでいるところは、塩素がキツイのだそう。
流しやトイレに白い水アカがすごくたまって、白っぽくなり取れないらしいです。
塩素のキツイお水なんて飲みたくありませんものね。

浄化して飲用にするのが一番なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。