FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税はトヨタのために

消費税をゼロにすれば、トヨタはすぐに潰れます - (るいネットより)


消費税が段階的に引き上げられているが、その背後で「消費税還付金」によって莫大な利益を得ている企業がいることも忘れてはならない。

-----
トヨタは日本一の悪魔的企業です。しかし、消費税をゼロにすれば、トヨタはすぐに潰れます。
より以下引用。


4月から消費税率が引き上げられ、車の価格には車両本体価格(税引き)に8%の税金が上乗せされる。だが、実は、客が支払った消費税を自動車メーカーは1円も国に納めてはいない。

こうした奇妙なことが起きるのは、払わなければならない税額より、国から還付される税額の方が大きくなる「輸出戻し税」の制度があるからだ。その仕組みはこうだ。

企業が製品を輸出した場合、「外国の消費者には税金分を価格転嫁できない」という理由で、輸出製品の生産のために仕入れた部品や原材料の価格に含まれている消費税分を国が輸出企業に戻す。

自動車、電機など輸出比率が高い企業は、国内販売分で納めなければならない消費税の金額より、輸出販売分で戻ってくる税額の方が多くなる。その差額が「消費税還付金」であり、税率が上がるほど金額も増える。

元静岡大学教授で税理士の湖東京至氏が消費税が「5%」から「8%」になると、輸出上位10社の還付金がいくら増えるかを推算すると、その総額は年間ざっと1兆188億円。


要するに、トヨタは消費税を払ってもいないのに、海外の企業に消費税を払ったということにされて、国から消費税分のお金を返してもらっているわけですね。

で、実際に消費税を海外に払っているトヨタの下請け企業は、国から還付金をもらっていない。

ある意味、下請け企業がもらうべきものをトヨタが全て横取りしているわけです。まさにヤクザですね。

しかも、この「消費税還付金」を日本で最もたくさんもらっているのがトヨタなのです。

トヨタは今年、過去最高の利益を出すことができたようですが、それもこれも全ては消費税が8%に引き上げられたことが最大の原因なのです。

そもそも、2012年の時点では、消費税還付金がなければ、トヨタは赤字だとまで言われていたぐらいですしね。



トヨタは経団連の筆頭。政治献金も多額。

だから、消費税を上げろってうるさいのですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。