FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未登録車

新古車、登録済未使用車とは?
販売会社名義の自社登録のカラクリは? 結局、だれが得?(ガリバーより)

新古車、登録済未使用車などと呼ばれるクルマは、自動車流通の矛盾の中で生まれてくるものだ。

普通なら、クルマはユーザーが買ったときにナンバーを付けることになるが、新古車はユーザーに売れていないのに、販売会社が自社名義でナンバーを付けることによって生まれる。

なぜ、買い手がいないクルマにこのようなことをするのかといえば、いくつかの理由がある。ひとつは前項で述べたような激しい販売合戦が繰り広げられるときだ。

裏側その1
実際にユーザーに売れていなくても、ナンバーを付ければ、自動車の登録台数統計上1台にカウントされる。そのため、販売台数ナンバー1などとCMで使うなどしたりするために、無理やりナンバーを付けることが多い。

裏側その2
さらに、これにメーカーの論理が加わる。自動車メーカーは工場などに大きい設備投資をしているので、それを順調に稼働させることが利益につながる。工場が稼働していなくても、工員には給料だって払わなくてはならない。設備を遊ばせていたのでは、利益どころか赤字になってしまう。

そのため、メーカーとしては売れるか売れないかの前に工場を稼働させたいと考える。少々無理があっても、コンスタントに工場を稼働させたほうが、利益は出るからだ。

裏側その3
このようにして生産したクルマがなかなか売れないとき、メーカーは販売会社に対して販売奨励金を出して販売増を働きかける。

販売奨励金の出し方にはいろいろな方法がある。例えば、年間1万台の販売契約をしたディーラーに対して、メーカーは年度末に1万台以上販売したら台当り2万円の販売奨励金を出すとする。1万台×2万円=2億円!


全文はコチラです


最近よく見かけませんか?
未登録車という車が販売されているのを。

なぜあんなに数があるのか?
カラクリがありました。


販売ノルマを達成するために、販売店が購入するから出てくる未使用の車。マスコミで報道される販売台数もこれが入っているから水増しされてます。

新古車、未使用車、未登録車、それぞれ微妙に違います。
得かどうかは購入者により違います。

勧めてるわけではありませんので、検討するときはよ〜く考えてからにして下さいね。
私は、とにかく安く買って乗りつぶしたい人には良いんじゃないかなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。