FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音調理は危険!

アクリルアミド 高温でできる発がん性物質(筋トレ&糖質制限でアンチエイジング 老化はこうして遅らせろサイトより)


アクリルアミド(acrylamide)とは、
劇薬であり、毒だ。

神経毒性・肝毒性があり、
皮膚からも吸収されてしまうため、
取扱いに注意が必要な薬剤である。

アクリルアミドには発癌性があり、
DNAをキズつけることもわかっている。

こんな劇薬のアクリルアミドが、
実は食品中にも含まれていることを、
2002年にスエーデン政府が発表し、大騒ぎになった。

ポテトチップスなど、イモを高温で揚げる料理の中に、
アクリルアミドがたくさん含まれていて、
さらにビスケットなどにも含まれていることがわかったのだ。

食品中のアクリルアミドが、どれくらい健康に悪いのかは、
まだ議論の最中だが、赤ん坊に与えるビスケットなどからは、
早急に取り除くことが求められている。

そして「俺はポテトチップスもビスケットも食べないから大丈夫」
と思っても、実はアクリルアミドを含む加工食品はたくさんある。

農林水産省が日本で売られている食品を分析したところ、
次のような食品からアクリルアミドが検出されたという。

アクリルアミドが検出された食品
ポテトチップ、フライドポテト、
食パンの耳、トーストや揚げ物の焦げ、
ほうじ茶、麦茶、中国茶、ココア、コーヒー、
かりんとう、アーモンド
クッキー、ビスケット、クラッカー、芋けんぴ
きな粉、カレー粉、インスタントラーメン


続きはコチラです



みんな普段食べているものばかりですね!

戦後、日本ではGHQによるフライパン運動の影響で圧倒的に高温で油を使った食品が増えました。それまでは、高温といっても蒸す茹でるの100°程度と焙じることくらい。
意識して減らす必要がありそうですね。

レンジ加熱は、電磁波問題があり論外ですよ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。