FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドトライヤー

(セルフドクターニュースより)

ハンドドライヤーは周囲に菌をまき散らし、かえって手が菌だらけに!? なんと手を洗う前より2.5倍も菌が増加


wash外出時、ハンカチを持たない人が増えているそうです。たいていのトイレにはハンドドライヤーが常備されている今、確かに必要となる場面は少なくなっています。

しかし、ある調査によると、手を洗った後にペーパータオルで手を拭くと、手の細菌は45-60%減少するのに対して、ハンドドライヤーで手を乾かすと、平均で255%も細菌が増えるそうです。これは、ハンドドライヤーの中の温かく湿った環境がバクテリアの増殖にもってこいだから。内部で繁殖した細菌をまき散らすわけです。

公衆トイレに設置されているハンドドライヤーの場合、細菌の97パーセントは出口ノズル面に付着。手を洗ったあと、湿った細菌を含んだ温かい空気は、小さな水滴を撒き散らします。つまり、空気を介して細菌を大拡散していることになっています。

人間の免疫力により、これら撒き散らされた細菌は、そう問題ではありません。さらに、これらの細菌の多くは無害なもの。サルモネラ菌、赤痢菌、カンピロバクター、A型肝炎やB、SARSコロナウイルス、または髄膜炎菌性疾患を引き起こすウイルスのような本当の危ないものは含んでいないことがほとんどです。

とはいっても、そもそも洗った手を乾燥させるため重要なことは、洗った後も、水とともに手に残っている細菌を除去すること。実は空気中で乾燥させた場合、すべての後細菌はまだ肌の上に残っているのだ。一方でタオル(紙や布)を使用すると、手をこするため、それらの細菌も除去することができる。

ハンドドライヤーは、手を乾かすのに平均約50秒。ペーパータオルやハンカチが10秒以内で乾かすことができることを考えると、時間がかかるうえに手にばい菌を残したまま、と、衛生面でいいところはあまりなさそうだ。

手を洗うときに大切なのは、きちんと乾かす習慣まで身につけること。これからは外出時にハンカチ一枚、持っていたほうが何かと良さそうですね。



何も触らないから清潔だと思っていました。
ハンカチやタオルも完璧とは言えないと思うのですが、使用は控えようと思う内容でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。